今日は久々に思い出話でも書きましょうかね。

小学生の頃、僕は学校から帰ってくると楽しみにしていることがあった。それは毎日夕方4時台にテレビで再放送されていたアニメである。

不定期で放送作品が変わり、それはバリエーションに富んだものだった。

ある時はキテレツ大百科を流したり、またある時は美味しんぼを流したり、またある時はキャッツアイを流したりと、一体どの歳の視聴者をターゲットにしているのかよくわからないものだった。

そんなアニメの再放送はちょうど学校から帰ってくる時間帯に合わせて放送されていたのでこれを見ないわけにはいかないと、当時からインドア派だった僕は放課後グラウンドでサッカーや野球をしてる同級生達には目もくれず、アニメの再放送を見るため真っ先に家に帰っていた。

中でもシティーハンターの再放送にハマっており作中で主人公の冴羽獠が銃をガンガン撃ちまくって敵を倒すシーンがカッコよくてたまらなかった。

12月に入ったちょうどこのくらいの時期だったと思う。母親にクリスマスプレゼントは何が欲しい?と聞かれ、シティーハンターに影響受けまくりだった僕は無垢な瞳でハッキリ「拳銃」と答えた。母親にしてみればとんだ物騒なガキだと思ったに違いない。産んだことすら後悔したかもしれない。

当然買ってもらえるわけがなくパカン!と小気味いいゲンコツをくらってその願いは叶わぬものとなった。




しかしあれから時は流れて15年。







(※注!モデルガンです!早とちりして通報すんなよ!)

シティーハンター主人公の愛銃、コルトパイソン 357マグナム 4インチ

フフフ・・買っちゃった・・買っちゃったのだよ・・☆ 4万くらいしたけど・・



俺は都会のスイーパー!

人呼んでシティーハンター!!


・・ッ!決まった!!(ドヤァ


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ ←クリックお願いします。