EG速瀬「また物語でも書いてみるか」

高橋「・・あの、ちょっといいかな?」

EG速瀬「何かね?」

高橋「この記事名が【物語書いてみた2】ってなってるんだけど、どういうこと?」

EG速瀬「鈍いヤツめ、前回の続きに決まってるだろう」

高橋「前回の最後、完ってあったじゃん」

EG速瀬「読者の予想を裏切る展開こそ物語の醍醐味だろう」

高橋「裏切りっていうより詐欺に近いけどな」

EG速瀬「ゴチャゴチャうるさいぞ、大体なんだキミは、物語の進行をいちいち遮るんじゃない」

高橋「あーハイハイ、どーもスイマセンね、どーぞ進めてください」

EG速瀬「ふむ、では始めるとしよう」



EG速瀬「俺は勇者だ」

EG速瀬「世界を支配する魔王を倒しに行かねばならん」

EG速瀬「そのためにはまず従者が必要だ」

EG速瀬「そこのお前、仲間になれ」

EG速瀬「オイ、聞こえてるのか」

EG速瀬「オイ」

EG速瀬「オイったら」

EG速瀬「・・・」






スパーン!!(ハリセンで叩く音)



高橋「いっっって!!!!何すんだコラァ!」

EG速瀬「作者にシカトを決め込むとはいい度胸だな」

高橋「はぁ!?物語の進行を遮るなってさっき言ってたじゃねーか!」

EG速瀬「お前が返事をしないことによって物語の進行を遮られた」

高橋「何だそりゃあ!」

EG速瀬「言われたことを鵜呑みにするとは愚の骨頂、臨機応変に対応できなきゃこの先やっていけないぞ」

高橋「ブラック企業の上司みたいなこと言うな!あのな、大体そもそも何だ、勇者だの魔王だのっていきなりファンタジーおっ始めやがって!前回もそうだけど読者が置いてけぼりなんだよ!」

EG速瀬「展開は早い方がいいだろう」

高橋「早すぎるんだよ!普通は前置きなりプロローグなり作ってだな、それから本筋に入るもんだろ」

EG速瀬「普通だの常識だのにとらわれていたのでは良い物語は作れない」

高橋「昨日今日物語を書き始めたばかりのド素人が言っていいセリフじゃないぞ」

EG速瀬「むう・・一理ある」

高橋「一理どころじゃない気がするが」

EG速瀬「まぁとにかく前置きを作ればいいんだな」

高橋「え?うん?ま、まぁ・・」

EG速瀬「よし、では再開しよう」






ナレーション「昔昔、世界を支配する魔王がいました」

ナレーション「勇者EG速瀬は魔王を倒すべく旅に出ました」



EG速瀬「魔王を倒すには従者も必要だな、オイ、そこのお前仲間になれ」

高橋「・・あの、ちょっといいかな?」

EG速瀬「何だ」

高橋「前置きって・・ナレーションが入ってたあの部分のこと?」

EG速瀬「何か間違っていたか」

高橋「いや・・その、何というか、間違っちゃいないけど・・」

EG速瀬「何だ、ハッキリ言え」






高橋「ありがち」

EG速瀬「・・実を言うと俺もそう思っていた」

高橋「アンタ物語の才能ないよ」

EG速瀬「それを言っちゃあお終いよォ!」

EG速瀬「といったところでお後がよろしいようで。次回もお楽しみにネ♡」


高橋「・・・続くのか・・」