EG速瀬「さてこのシリーズもとうとう5話目まできたか」

高橋「内容はスッカスカだけどな」

EG速瀬「何か言ったか?」

高橋「いえ何も」

EG速瀬「5話も書いてるんだしそろそろ読者から何かしら反響があるはずだ。どれWeb拍手の管理画面を見てみるか・・」





・・・・・・・・・・。






EG速瀬「むっ・・・!?

高橋「どしたの」








EG速瀬「反響が・・ない・・だと・・!?」










高橋「・・・・」




高橋「でしょうね」





EG速瀬「でしょうね










じゃないだろこのバカチンがあああああああああああああああああ!!!!!」





「5話もやってて何で反響がないんだ!え!?
なぜだ!コメントなり拍手なりあるだろ!?NAZEDA!?Why Japanese people!?
ブルアアァァァァァァァァ!!!!!
きえエエエエエエエええええ!!!!!!!」















高橋「速瀬さん」


EG速瀬「あん!?」


高橋「打ち切り」


EG速瀬「」








EG速瀬「おしまい☆」






ご愛読ありがとうございました。EG速瀬先生の次回作にご期待ください。