こんばんは、EG速瀬です。ご覧のウェブサイトはウルトラバクダンフェイスです。

さて8月に入りまして気温30度越えの真夏日が続いております。皆さん体調を崩されてはいませんでしょうか?夏バテであったり熱中症であったり、はたまたこの時期美味しいからといってビールをしこたま浴びるように飲んでしまったことによって痛風を発症したりと人によってその症状は十人十色かと思います。



かく言う僕の体調ですが、ブッ壊れております。 

崩壊の一途をたどっております。

お恥ずかしい話なんですが、夏風邪を患ってしまいましてね、こうして文章を打ち込むのもなかなか辛いもので頭をグワングワンとヘッドバンキングのごとく揺らしながら必死の思いで書いてる次第であります。

僕は普段でしたらくしゃみや鼻水による、謂わゆる鼻からくるタイプの風邪を発症することが多いのですが、今回は完全にイレギュラーでしたね。いやまさか肩からくるとは思いもよりませんでした。

最初は『なんか肩こったなぁ、今夜あたりマッサージでも行くかな、いやマッサージって言ってもヌキ有りの方じゃない健全なやつの方ね』くらいの肩こりだったんです。まぁ結局その日は懐事情がアレだったんでマッサージには行かずに眠りについたんですね。そしたら翌朝、今度は頭が痛いんですよ。

『頭痛が痛いです』とかおふざけを言えちゃうような痛みじゃないんです。例えるなら鈍器で後頭部を地味な弱さでゴンゴンと打ちつけるような鈍痛ですよ。そして冷房をつけてるわけでもないのに薄っすら肌寒いときたもんで、あ、コレ夏風邪だと気づいたわけです。

しかし夏風邪だろうとなんだろうと働かねばなりません。自営業ですから。企業戦士ですから。言ってしまえば毎日が仕事みたいなものです。24時間働けますか?働けますとも時任さん!

鈍痛と肩こりに体をキリキリと痛めつけながらも仕事を着実にこなします。さすがEG速瀬さん、そこにシビれるあこがれるゥ!働く男の鑑です。なんてそんなこんなで夏風邪を患いながらも企業戦士は仕事という任務を遂行し終えたわけです。

満身創痍のまま眠りにつき翌朝、未だ夏風邪の症状は重く、むしろ無理を通した結果さらに芳しくない模様。鉛のように重く感じる体を起こしてスマホをチェックします。起床後に定期巡回サイトに一通り目を通すのが僕の1日の始まりです。寝ぼけ眼と寝ぼけ頭をブルーライトで醒ますわけですね。夏風邪を患えどそのルーチンワークは変わりません。

そしたらこちらの掲示板に僕へのバトンリレーを回す旨の書き込みがあるではありませんか!夏風邪が!ツライ!この!最悪の!タイミングで!!!



一瞬硬直する僕。どうする?見なかったことにしてバックレるか?いやいや、バトンリレーどんと来いとか以前書き込んでおきながらそれはマズい。仕事もサイト運営も信用第一、僕をアテにしてバトンを回してくれたそうだ、FLASHしようのユチルタさんからの信用を失墜させてしまう。更には他の読者の方からの不信を買い『ホラッチョ管理人EG速瀬』と烙印を押され、ウルトラバクダンフェイスの株は急降下。ただでさえ一部のコアな物好きが読んでるであろう当サイトの来訪者が永遠ゼロになりかねない。


引き受けましょう、ええ引き受けましょうとも。男一代EG速瀬、バトンリレー引き受けようじゃありませんか。当方承諾の旨を早速書き込み、そして今に至るわけです。いやあ長い前置きでしたねぇ。ひでぶっ!の断末魔と共に頭が破裂しそうであります。



さて、そんなわけで回されてきましたバトンリレーのお題ですが『ハンバーグ』とのことで。ほぉ・・ハンバーグとな・・。

知ってか知らずか僕がダイエット中だと言うのにハンバーグという今回のお題。生殺し感をヒシヒシと感じずにはいられませんねえ。

しかし改めてハンバーグとはなんぞやと思いまして、Googleやらwikiやらを駆使して調べたところ18世紀のドイツハンブルグでのタルタルステーキ(焼く前の生の状態のハンバーグ)が元となっているそうです。ハンブルグが訛ってハンバーグと呼び表すんだそうな。

ざっくりとしたハンバーグの定義は挽肉をこねて焼き固めたものということでイメージはしやすいですね。オーソドックスな牛肉のハンバーグや豚肉との合挽き肉のハンバーグ、魚肉ハンバーグなんてものもありますね。肉であれば挽いてしまえば何でもハンバーグに出来てしまいそうな気がします。


しかしちょっと待ってください。ちょっとそこで僕は引っかかったんですよ。肉なら何でも挽いてしまえばハンバーグになる、つまり裏を返せばハンバーグに肉は必要不可欠。そう考えた時ハンバーグ界に一つのアンタッチャブルが存在することに気づいたのです。







それは、豆腐ハンバーグ。












なんなんだお前は!!!!


なんで我が物顔でハンバーグを名乗っているんだ貴様!!!






『え?俺?いやだなーハンバーグっすよ』





みたいにシレッとハンバーグを名乗るなぁーーー!!!!







正確に言えば豆腐とおからが主原料のこの豆腐ハンバーグ。


一体どこに肉と呼べる要素があるのか!

確かにタンパク質豊富という意味では肉と並ぶかもしれない!

だがしかし元を辿れば原材料は大豆!じゃないか!植物ではないか!すなわち豆腐ハンバーグをハンバーグと呼ぶのは誤りだ!これからは「豆腐こね焼き」そう呼ぶべきだ!豆腐こね焼き!声を大にして言いたい!豆腐こね焼き!





















はっ!







・・いや待て、そう言えば昔・・。




あれは多分小学五年生くらいの頃だったでしょうか。親に駄々こねて進研ゼミ小学講座に入会した夏のこと。その日も今日のような暑い日でした。

月一、二くらいのペースで漫画小冊子と共に送られてくる勧誘郵便、皆さんご存知ベネッセコーポレーション監修の通信学習『進研ゼミ』だ。

個人情報保護法なんてものが存在しなかった当時、どこからか漏れ落ちた個人情報を元に家に届く進研ゼミの郵便、いや進研ゼミの漫画と言うべきか。それは僕の定期的な楽しみでもありました。

毎回郵便に同封される漫画小冊子の内容はテストで点数の奮わない主人公が進研ゼミをきっかけにメキメキと成績を上げ、勉強はおろか部活に恋愛までガンガン成功させていくご都合主義なトンデモサクセスストーリーという今読めば何ともインチキ臭い内容。

しかし毎回絵柄と主人公のキャラ設定が変わっており、読むたびに前作と違った新鮮味がありました。絵柄が好みの漫画は机の引き出しに取っておくほど。たまに可愛い女の子が主人公だった時がありましたがあれほど嬉しかったことはありません。穴が開くほどの勢いでむしゃぶりつくように読んでいました。思えばあれが初めての萌えという感情だったのでしょうか。

多感な小学生、インチキ臭い内容の漫画でも毎回読まされれば徐々にやりたくなってくるもので、進研ゼミを親にねだるのはおそらくどの家庭でも起こったことでしょう。僕も漏れずその1人でした。

とんでもないミスをやらかし納品先へ土下座周りをする下請けサラリーマンでもこんなに頭を下げないだろうってくらい親に頭をペコペコと下げてようやく我が家に進研ゼミが来ることに決まった夏休み前の一学期。僕はウキウキでした。そして夏休みに入ってしばらく経ったある日、ついに届いた進研ゼミ。ダンボール箱に詰まって届いたそれはさながら宝箱に見えたものです。

箱を開けアレコレ内容物を取り出しキャッキャとはしゃぐ僕。その中に一本のビデオテープが同封されていました。

タイトルは忘れましたが内容は工場見学をまとめたVHSとのことで、ちょうど居間のテレビにはビデオデッキがセットされてていつでも見られる状態。勉強は後回しにしてビデオを先に見ることに。

子供向けに作られてるだけあって分かりやすい内容で工場見学の映像がキャラクターとナレーションつきで流れていきます。気になるのは途中途中で『さぁここでクイズ!』とちょいちょいクイズを挟んでくる視聴者置いてけぼりな浮わついたテンションが癪に触るくらいでしょうか。


テープは進み次は醤油工場の工場見学へと変わり、工場見学を案内するキャラクターが変わりまして『大豆くん』だったでしょうか、大豆に目と口と手足を生やしただけの製作陣のやる気を微塵も感じ取れない簡素な大豆のキャラクターが工場内を案内していきます。

そんなVTRの中でその大豆くん、さらっとこんなことを言ったんです。



『醤油の材料は大豆!大豆は畑の肉とも言うんだよー』






肉!?

今あなた肉とおっしゃいましたか!!?






そう、今、思い出しました。大豆は別名、







畑の肉。






さぁ話を戻しますよ、ついてきてください、いいですか?








・ハンバーグ=挽肉をこねて焼き固めたもの



・挽肉=牛肉・豚肉・鶏肉・魚肉などの肉類



・大豆=畑の肉=肉類



・挽肉=大豆







ということで前言撤回、豆腐ハンバーグはれっきとしたハンバーグでした。

ダイエット中にもオススメ、豆腐ハンバーグ。低カロリー高タンパクでお財布にも優しく主婦に大人気。クックパッドでめちゃくちゃレシピが出てきてビックリしました。



さて次回のバトンですが、春のショットガンさんにお願いしたく思います。お題は『鉄板』です、ハンバーグだけにね。 


脳みそが挽肉になりそうなくらいの痛みを感じるので今日はこの辺で。夏風邪には気をつけましょう。EG速瀬でした。