カテゴリ: ◯◯やってみた

こんばんは、EG速瀬です。


先日姪っ子の初節句ということでちょっとした食事会みたいなものを身内でこじんまりとやったんですよ。人の子ってのはしばらく見ないうちに大きくなるもんですね。もう立ち上がってちょこまかと歩き回ったりなんかして、可愛いもんですわ


「あら〜大きくなりまちたね〜」


姪っ子ちゃんを赤ちゃん言葉であやす僕。じつはこう見えてけっこう子ども好きなんですよ。誘拐して東南アジアあたりに売り飛ばしてそうな顔してますけど根は優しいおじちゃんなんですよ。大きくなったとはいえまだまだ1歳児、高い高いをしようと軽くヒョイと抱きかかえようとしたんです。


そしたらこのガキ、全力で泣くんですわ。この世の終わりみたいな顔してガン泣きしやがるんです。その小さい体を思いっきりよじらせての全力拒否。すぐさまおっかさんへキャッチアンドリリースですよ。あのね、そこまで泣かなくたっていいじゃない。むしろ逆にこっちが泣きたくなったわ。叔父の心子知らずとはよく言ったものよ。



まぁそんなことは置いといて、先日ツイッターで「俺のオタクソング8選」なるフレーズがトレンド入りしてるのを目にしまして。


これは何かというと自分の好きなオタクソング(アニソン等)を8曲選んで晒してみようぜ、みたいなヤツなんです。これがなかなかスゴくてiTunesとリンクしててその曲の視聴も出来るという優れモノ。皆さんそれぞれの個性溢れる8曲を選んでおりました。



そこでさっそく僕も選んでみたんです。もうアニメとか最近は全然見なくなってしまいましたけど思い出深いものを中心に選曲してみました。




とまぁこんな感じでズラっと。ご覧になってわかると思いますけどこういうのってモロに世代が出ますね。どう見ても20代の匂いがしてこない。加齢臭漂う30〜40代のおっさん臭がプンプンしてる。もし知らない人がいるとあれなんで一曲ずつ解説してみましょうか。


・バリバリ最強No. 1/FEEL SO BAD




アニメ「地獄先生ぬーべー」のOP曲です。るろうに剣心とならぶ当時のジャンプの看板漫画ですね。


このアニメが放送されてたのが1996〜1997年ということで僕が小学三、四年生くらいの頃ですね。漫画の単行本もよく読んでいましたね。主人公のぬーべーが理想的な主人公像でカッコよかったですねぇ。オカルトホラーがメインですけどエロい回はすこぶるエロくて当時の僕の股間を熱くしたもんですわ。7巻の銭湯の回は穴が開くほど読んだものです。しかしただエロいだけじゃなく結構マジメな内容の回もあったりで基本一話完結のストーリーなんで飽き性の僕にピッタリでもありました。怖い回はマジでめちゃんこ怖かったです(赤いちゃんちゃんことか)。


んでこの曲のサビ部分の盛り上がりとアニメ映像とのマッチングがとびきりカッコいいんです。左手の甲に「鬼」と書いて鬼の手の封印を解くアニメ独自の演出に厨二心をくすぐられるのです。そして夜の校舎をバックにライバル玉藻とのバトル、からの燃え盛る封印されし鬼。曲名通りホントにバリバリ最強よコレは。



Tank!/Seatbelts



アニメ「カウボーイビバップ」のOP曲。


音楽プロデューサー菅野よう子さんのセンスが溢れまくってる曲。フジのホンマでっか!?TVのテーマ曲にもなってるので聞いたことのある人も多いはず。この作品自体は大人になってからYouTubeOP映像を見たことで知って、そこからのめり込んでいったんですよね。音楽に飢えていたサラリーマン時代、CDを買い集めまくってた時に偶然このカウボーイビバップのサントラを見つけて即買いし聞き込みましたねえ。


とにかくクールでハードボイルドな雰囲気の世界観。在りし日の松田優作氏を彷彿とさせる主人公スパイク。山寺宏一の声がここまで似合うキャラもなかなかいない。渋い、渋すぎる。ニコニコ動画でのMADがめちゃくちゃ多くてこのOPがどれだけハイセンスなのかを思い知らされる。



Red franction/MELL



アニメ「BLACK LAGOONOP曲。


通称ブラクラ。何年か前にMXで深夜に再放送やってて見てましたねぇ。簡単に言うならアニメ版ハリウッド映画って感じの作品です(その逆をやったのがドラゴ◯ボール)。


僕の大好きなガンアクション満載な作品です。セリフの言い回しとか洋画のそれっぽさがあって面白くて好き。OPでも映ってるレヴィの愛銃ソードカトラスに憧れてエアガンのベレッタM92Fを買ったのは良い思い出。実際に手に持ってみるとグリップが思いのほか太くて重々しい。よくまぁこれを二丁拳銃で扱えるわと思ってしまう。


禁煙しててもこのアニメを見ちゃうとめっちゃタバコが吸いたくなるんですよね。ちなみに作中に出てくるロシアンマフィア、ホテルモスクワの大幹部ことバラライカの吸ってるタバコはパーラメントなんだって。ワオ、僕と一緒。だからなんだって話しですけど。原作の連載ペースが遅すぎるのがたまにキズ。



・ルパン三世のテーマ '79


↑1:02からの曲です。


ご存知ルパン三世のテーマ。説明不要。知らない人は多分いないでしょう。


この曲はとにかくバリエーションが多くて目が回るんですが個人的にはこの79年バージョンが一番好きですね。冒頭の滑走するかのようなストリングスが最高に唆る。


アニメ映像も40年前とはとても思えないスタイリッシュさ。ベンツSSKを軽々扱うルパンのドライビングテクに痺れる。ちなみに次元に憧れてM19マグナムのモデルガンを買ったのは良い思い出。


大人向けに作られたアニメという時代を先取りした先駆者としての堂々たる雰囲気。大野雄二さんはスゴイ。NHKの「小さな旅」のメインテーマも同じくらいすごく好き。




・炎のキン肉マン/串田アキラ



僕の人生のバイブルでもあるアニメキン肉マンのOP曲でございます。


キン肉マンの曲っていったらGoGo!マッソー!でお馴染みの「キン肉マンGO FIGHT!」が挙げられますが僕は断然こっちですね。『muscle』のスペルはこの曲で覚えました。


歌詞にもある「ラスト5秒の逆転ファイター」ってまさにキン肉マンを象徴してるなぁと思うんです。超人オリンピック編でのキングコブラ戦やベンキマン戦、ウォーズマン戦とかまさにその歌詞の通りといった感じで奇跡的な逆転勝ちをしてるんですよ。魅せるよねぇ。


またキン肉マンII世のOP曲「HUTSLE MUSCLE」も激アツです。筋トレしてる時に聴くとこれがまた捗るんですわ。火事場のクソ力がメラメラ湧き上がってくるのを感じます。



・Get Wild/TM NETWORK



シティーハンターといえばGet Wild、Get Wildといえばシティーハンター、ってくらいに知名度の高い曲ですね。


小学校から帰ってきて16時くらいにテレビで再放送してるのをたまたま見てそれから食らいつくように見てましたね。 


アニメが終わるちょっと前にイントロが入ってきて画を止めて引くというお決まりの演出からの曲の歌い出しってのが毎回毎回カッコいいんですよ。


お察しの良い読者の方は薄々勘付いてるかと思いますけど、主人公冴羽獠の愛銃コルトパイソンのモデルガンも買っちゃってるんです。それもショルダーホルスターまでセットで。完全になりきってましたね。見た目は海坊主のクセに。


↓Get Wildのかかり方が神がかってる動画。こんなん濡れるわ。




・Driver's High/L'Arc-en-Ciel



マガジンの絶頂期を支えたGTOのOP曲。なんとラルクがタイアップしておったのですね、豪華だわー。白黒だけでここまでハイセンスな映像って作れるもんなんですね。


当時(1999-2000年頃)は本放送も見てビデオに録画したものをもう一回観るくらい熱中してました。


ストーリーは破天荒な元ヤン教師鬼塚が問題クラスを立て直すという内容で、破茶滅茶なやり方だけど生徒たちとまっすぐ向き合っててカッコいいんですよ。んでカタついた後のスカッとする感じ、良かったなぁ。アニメでもドラマでも見た後にスカッとする感じってわかります?アレが気持ちいいんですよGTOは。


そういえば教頭の愛車のクレスタがオシャカにされるシーンが度々あったけどトヨタはよく許してくれたと思う。




・RHYTHM EMOTION/TWO-MIX




ちょっと前までMXで再放送やってましたね。じつは僕のガンダムとの出会いはこの作品からなのですよ。放送当時は6歳でしたがヘビーアームズが好きでソフビ人形?を買ってもらったのを覚えてます。火器を一斉発射するのが子供心にかっこよく見えたのでしょうね。


当時はストーリーとか全然理解せずに、ただロボットが戦ってるのを見て面白がってましたねぇ。モビルスーツのデザインがどれも秀逸でカッコよいのです。初めて組んだガンプラもガンダムウイングでした。


このOP映像、実は最終回直前まで未完成だったんです、SEもなかったりで(※詳しくはwiki参照)。もうちょっと早い段階で完成してればこの作画ですから相当反響があったんじゃないでしょうか。太陽光の後光が差しながらデスサイズヘルが羽を開くシーンなんか特に痺れるねぇ。TWO-MIXは他にも良曲が多いのよ。






とまぁこんな感じで8曲挙げてみましたけど、ぶっちゃけ8曲じゃ全然もの足りない。好きなアニソン挙げろって言われたら50曲でも100曲でも出てきますね。そのうちそれをまとめた記事でも書いてみようと思います。


オタクソング8選、やってみるとこれがなかなか面白いんで新型コロナウイルスで外出を控えてる今日この頃、お手隙の際にやってみてはいかがでしょうか。





P.S なんか今回下ネタ少なくてモヤモヤしたんで最後にブチ込んでおきます。



おまんこしょっぱっぴ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!


新年明けましておめでとうございます。本年もウルトラバクダンフェイスをよろしくお願いいたします。








とまぁ言ってはみたものの、今ごろになって「明けまして〜」とかどのツラ下げて言ってんでしょうね。

新年一発目からどうもすみません、未だにおとそ気分が抜けきってないEG速瀬です。

それというのも正月休みが終わってしまったショックがあまりにも大きくてですね、今日まで茫然自失しておったわけですよ。お正月ロスってヤツです。もう来年からお正月は毎月やったらいいんですよ。毎月1日から3日は三連休。もっとゆるく生きようよ日本人。



そうそう正月休みで思い出した。正月に浅草へ遊びに行ってたんですが、そこで爆笑問題のお二人とお会いしました。まぁ会ったというより僕が勝手に出待ちしてお声がけしただけなんですが。

爆笑問題さんはラジオを聴くようになってからファンになったコンビでして、実は一昨年も出待ちをしてお二人にお会いしてるんですがその時は緊張のあまり二言三言だけ言葉を交わしたくらいで終わってしまっていたのでまた出来ればお会いしたいと常々思っていたんですね。

僕みたいな見た目は完全に反社な男にも気さくに応対してくださいまして感激で小便漏らすかと思いました。念願だった写真撮影をお願いしたら快くOKして一緒にスリーショットを撮ってくださって、やっぱりスターは一味違うなーと思いましたね。


そんなことを思い返してたらそのうち、僕もスターになってみたいなーとちょっぴり思ったりなんかしちゃいましてね。

例えばの話ですよ。天地がひっくり返るレベルであり得ない話ですけど、もしこのサイトがどこぞの権威と由緒ある団体の目に留まって「このサイトの管理人は素晴らしい!」「100年に一人の天才だ!」「皇室から勲章をやらねば!」「ノーベル賞だ!」ととんとん拍子で話が進んであれよあれよという間に文化人としてのスターダムにのし上がっていったら、こりゃアンタたまらんですよ。

テレビのワイドショーに出て時事問題なんかにビシッとコメントしたりバラエティ番組でクイズ答えたり雑誌で巻頭グラビア飾ったりと大忙しになっちゃうわけだ。

そしたらその辺を歩いてるだけで声を掛けられて好きですとか応援してますとか言われるようになるんだよ、想像してごらんなさいよ。悪い気はしないでしょ。それが綺麗なオネーチャンなら尚更。本田翼ちゃんに抱いてくださいなんて言われた日には僕は一体どうしたらいいんだろうか。抱いちゃっていいのかな、デヘヘ。

そしてまたある時はサイン色紙なんか渡されてサインくださいとか言われちゃうんだよ。いやー照れちゃうね。鼻の穴なんかぶんぶく広がっちゃう。サインって言ったって連帯保証人のサインくれってのとはワケが違うんだから。

そこでサラサラっとサインを書くわけですよ。フリーアナウンサーの田中みな実さんは写真集売る時に1万枚とか書いてたんですって。サイン書いてて腱鞘炎になっちゃうよ。とどのつまりスターたるものサインは必須なのです。

そんなわけでスターになるべき時に備えてサインを考えて練習しておかなきゃならんわけです。

そこで先日暇だったので色んなサインを考えてみました。それらを一挙にご紹介いたします。




FullSizeRender



記念すべき一作目。筆記体を覚えたての中学生あたりが書きそうな感じがしますね。

その次がコチラ。



FullSizeRender



若干丸みをおびてきました。

そして次がコチラ。


FullSizeRender


書き慣れてきたのかそれっぽくなってきました。

続いてコチラ。


FullSizeRender


Hの書き方に特徴を持たせようとしてます。


番外編。


FullSizeRender

HとEとGの組み合わせ。もし野球チーム作ったらユニフォームや帽子にこのマークをプリントしようと思います。チーム名はハードエロチックガールズで。


そんなこんなで…




FullSizeRender


最終的にこれになりました。

ぶっちゃけ筆記体は書き慣れてないのもあって書くのに時間がかかるんですよね。書きやすさ優先で考えてたらこうなりました。これなら2秒で書けます。1万枚でも2万枚でもどんとこい。




多分一生書くことないでしょうけどね。



1週間ほど前にTwitterで何気なく

「私的ラブソングトップ50を考えてみるか。なんか面白そう。」


と呟いたら

こちらの管理人のt4vさんからリプライをいただきまして。


ジャニーさんよろしく「YOU、やっちゃなよ」的なことを言われたんですね。

久々にブログを更新するのにこれはなかなかいいネタだと思いこれを快諾。






の矢先、

台風15号が直撃☆



ラブソングどころじゃねえわ!

家中ガッタガタだわ!愛よか金くれ、金!!






というのは冗談で、ここ1週間ほどラブソングを聴きに聴きまくっておりました。

その昔、アホみたくむさぼるようにCDを買い漁っていた時期がありまして、おかげで僕のitunesには12,000曲オーバーというとんでもない曲数が入っているんですけどこれがかえって選曲を難航させることとなってしまい大幅に時間がかかってしまいました。

そして厳選に厳選を重ねた結果、僕の個人的ラブソングトップ50がとうとう決まりましたのでカウントダウン形式でこれをご紹介していきたいと思います。


あくまで独断と偏見で選んだランキングなので「◯◯が◇◇より低いとかあり得ない!」とか「××がないとはどういうことだ!」とか「耳鼻科行け」とか「わかったようなことを言うクソにわか野郎」とか言わない方向でお願いします。

それとランキングにする際、1アーティストにつき一曲という制約をかけさせていただきました。でないと多分偏りが出そうだったので。


さて、せっかくの音楽ネタですしここはハンドルネームもEG速瀬改め、DJ速瀬でいってみましょうか。あと雰囲気も某音楽番組っぽくしてみましょう。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


やっぴ〜〜〜〜〜♫

カウソトダウソTVをご覧の皆さん、こんばんはー!


​流浪のラブ♡ソングお届け人、DJ速瀬でーーーーっす!!


みんな恋しちゃってるぅ?愛しあってるぅ?YaHoooo!!!


さて九月も半ば、秋の夜長をいかがお過ごしかな?恋するあの人に思いを馳せてる、そう!そんな君のために!


今夜は僕が選びに選びぬいたDJ速瀬セレクション【ラブソングトップ50】をお送りしちゃうよぉん!


これには後世に残したい曲という僕の思いも込められてたりもするんだよぉん!チェーケラー!!


まずは50位から41位まで〜、 COUNTDOWN!!!






50. Love Gun/KISS



デデデデン!デデデデン!と力強いギターリフの印象的なナンバー。アメリカの顔面白塗りロックバンドKISSがランクイン。ラブソングっていうくらいだからしっとりバラードがくると思った?違うんだなこれが。ハードロックなラブソングもいいもんじゃない?ボーカルのポール・スタンレーもKISSで一番好きな曲なんだって。wikiにそう書いてあったよ。



49. ナチュラルに恋して/Perfume


ショッピングモールを横へダンスしながら移動していくという変わったセットで撮影されたPVが印象的なナンバー。三人の服装もオフの感じがして可愛いらしくて萌えちゃうね。のっちは天使や。あの美脚で踏みつけられたい。


48. 全部だきしめて/KinKi Kids


昔フジテレビでやってたKinKi Kidsと吉田拓郎の「LOVE LOVEあいしてる」の主題歌でもあったこちらのナンバーがランクイン。KinKi Kidsの2人がギターを弾きながら歌うシーンが印象的だったなぁ。詩も良いんだわ。曲名どおり抱擁力を感じるナンバー。あの頃は気づかなかったけどバックバンドにかなり豪華なミュージシャンがゴロゴロ出てたね。いい時代だった。



47. サマー・ラブ/尾崎紀世彦


多分後にも先にも現れないであろう日本一ダンディーでカッコいい歌手だと思う尾崎紀世彦さんの珠玉のラブソング。この人は本当に歌がうまかったなぁ。YouTubeを見てもらうとJ-POPのいろんな曲をカバーしてる過去映像がちょこちょこあるので一見の価値あり。何歌ってもうますぎて濡れる。



46. Wish You Were Here/Avril Lavigne


アブリル・ラヴィーンの切ないロックバラードがランクイン。寂しがりやな彼女の気持ちを感情たっぷりに歌ってるナンバー。ポップな曲の印象が強いアブリルだけどダークな感じの曲も良曲が多いのでアルバム、アンダー・マイ・スキンはおススメです。



45. サルでもわかるラブソング/セックスマシーン


曲名どおりすぎるクソシンプルな歌詞とメロディーのナンバー。いやいっそこのくらいシンプルな方がラブソングとして本当の意味で的を射ているといえるのではないか。荒っぽくド直球に気持ちを表しててとても好き。でっかい声で思い切り歌いたい曲。



44. 卒業/ガガガSP


青春パンクの大御所ガガガSPからこのナンバーがランクイン。卒業を機に好きなあの子と離ればなれになってしまう不器用な男の感情を荒っぽくも切なく美しく歌うコザック前田氏の叫びに心が揺れ動かされる。青春パンクはいつでも少年だったあの日を思い出させてくれる最高の音楽だ。



43. ずっとあなたが好きでした/坂本冬美


この曲は僕のお婆ちゃんが晩年好きでよく聞いてた曲なんですよ。想い人に向けた優しくも切ない愛を歌う大人向けなラブソング。いいちこのCMソングにもなりましたね。このCMを作ってる代理店は毎回ビリーバンバンとかのニクい選曲するよなぁ。



42. 離したくはない/T-BOLAN


Beingの全盛期を支えたT-BOLANの代表曲。熱く激しいロックバラード。森友嵐士さんのハスキーボイスが最高に良いですし泣きのギターも最高にクール。2017年より活動再開されたようで今後の活躍がとても楽しみです。



41. milk tea/福山雅治


まさにミルクティーのごとくとろけるような甘いラブソング。ブサ男が歌うと世の女性たちに袋叩きにされそうな歌い手をかなり選ぶナンバー。この歌には男の僕さえ軽く濡れちゃうんだから何十万人の女性が股間を濡らしたのかもはや想像もつかない。まったく罪な男だよ、ましゃは。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ここまで41位でした〜☆みんなの好きなラブソングは入っていたかなぁ?この調子でジャンジャンバリバリ快調に飛ばしていきましょう!



続いて40位から31位まで〜、 COUNTDOWN!!!





40. 渡良瀬橋/森高千里


私がおばさんになってもとか歌ってるのになかなかおばさんにならない、いつまでも綺麗な森高千里さんの曲がランクイン。悲恋の末、恋人と別れたあともその人を愛しく想い続ける気持ちを歌った泣ける一曲。その昔、渡良瀬橋の歌詞の石碑を拝みにはるばる栃木県まで行ったもんさ。



39. DESTINY /My Little Lover


akkoさんの透明感のある可愛い声に魅了されてやまないマイラバの代表曲。はじめて歌声を聴いて胸キュンしたのがマイラバなんです。レスポールの柔らかい音のギターソロもなかなかいい味を出してて曲の雰囲気も最高です。



38. 時の過ぎゆくままに/沢田研二


男性歌手でこの人以上に色気をムンムンに漂わせてる人が果たしているのか、いやいないだろう。全盛期のジュリーは今見ても古さをまったく感じさせない。男と女の行きずりの愛を綴った名バラード。歌ってるときの流し目がセクシーすぎる。



37. ハルノヒ/あいみょん


今もっとも勢いにのるアーティスト、あいみょんのバラードがランクイン。この曲はクレヨンしんちゃんの映画主題歌になったナンバーなんですけど歌詞の世界観がまさにその作品を表したような内容で昔からのクレしんファンとしては心にグッとくるものがありますね。映画の歴代主題歌の中で一番好きです。


36. 愛が呼ぶほうへ/ポルノグラフィティ


聴くと癒しと落ち着きが得られるポルノのラブバラードがランクイン。サビの「僕を知っているだろうか  いつもそばにいるのだけど  My name is love  ほら何度でも僕たちは出逢っているでしょう?」どうしたらこんな歌詞が浮かんでくるのか。カップリングの「夕陽と青空と僕」もかなり名曲。


35. 変わらないもの/奥華子


映画「時をかける少女」の劇中挿入歌。主題歌のガーネットも好きだけど個人的にはこっちの曲のほうが好き。友人に連れられコンサートに行ったけどCDで聴いた以上にいい声してたなぁ。映画自体は高瀬くんの扱いが不憫すぎてあまり好きじゃないけど。


34. 夢伝説/STARDUST REVUE


スタレビの代名詞ともいえるナンバー。説明不要。とにかく聞けばわかる名曲。素晴らしい世界観。ボーカルの根本さんの茶目っ気たっぷりな一面を見てから聴くとそのギャップにまたやられる。こういう普段おちゃらけてる人が歌ってみたらめちゃ泣かせにくるパターン、最高かよ。


33. Always /BON JOVI



きましたボンジョヴィ。若い頃のジョンはハリウッドスター顔負けのガチイケメン。甘い甘い歌詞を情熱たっぷりにワイルドに歌い上げる名ナンバー。「いつまでも愛してるよ」という歌詞の通りボーカルのジョンは愛妻家で今年結婚30周年を迎えます。好感度バリ上がるわー。



32. 桜の時/aiko


ラブソングといえばaikoは外せないでしょう。中でもこの桜の時が僕は大好きなんです。aikoの歌って情景がすごいリアルに連想させられるのが良いよねえ。恋人とのキャッキャウフフなやり取りがイメージできてムフフってなるのがたまらんです。


31. Hard To Say I'm Sorry/Chicago


この曲は卒業式のセレモニーで流れたことがきっかけで知ったんですよね。めっちゃいい曲だと思って後から先生にあれなんていう歌?って聞いてシカゴをはじめて知ったんですよね。歌自体は卒業とまるで関係ない内容だけど。まぁ曲のもつ雰囲気ってあるからね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


名曲揃いの40位から31位でした〜☆

まだあと30曲もあるのかよってツッコミはナシよー。勢いに乗って行きましょう。読み飛ばしは厳禁♡さぁまいりましょう!



続いて30位から21位まで〜、 COUNTDOWN!!!




30. Love Of My Life/Queen


フレディの愛というものへの感情を繊細に美しくぶつけてくるナンバー。フレディの彼女との別れが由来で生まれた曲なんですが、この曲を聴くと二人の間にあったのはとても純粋な愛だったんだなと感じられる。関係ないけどフレディって目がすごいキレイよね。


29. 最後の雨/中西保志


中西保志といえばこれという名曲がランクイン。色んな人にカバーされてるけどやっぱ本家には敵わない、だってこんないい声で感情たっぷりに歌われちゃそりゃ敵わんよ。この人だからいいしこの人でなきゃダメな歌ってあるよね。


28. 恋文/Every Little Thing



ELTは好きな曲だらけですけどその中でもこれが一番かなぁ。
「僕が見つめる先に君の姿があってほしい」僕このフレーズが大大大好きなんですよ。いっくんのギターもいい味だしてるし曲全体の雰囲気がとてもいい。ハチミツきんかんのど飴のCM曲にしておくには惜しすぎる。ラブストーリーものの映画なんかにはピッタリだと思うけどね。


27. 愛をこめて花束を/Superfly


近年ウエディングソングとしても人気の高いSuperflyの名曲がランクイン。この人の歌声は本当にパワフルで観客を惹きつける力があるよね。数年前渋谷のライブに行った時はその声量や力強さ、オーラに圧倒されました。


26. とっておきの唄/BUMP OF CHICKEN



アルバムFLAME VEINの収録曲。初期のバンプの荒っぽくもストレートな歌詞でカッコいいラブソング。このアルバムにも収録されてるアルエが僕とバンプとの出会いでしたね。ちなみにこのアルバムがリリースされてからもう20年だそうで、マジかよってなった。


25. Open Arms/Journey


Don't Stop Believin'とどっちにするか悩んだけどこの曲にしました。スティーブ・ペリーの伸びのある声とすごくマッチしてるナンバーだね。日本では映画海猿の主題歌として有名。関係ないけどスティーブ・ペリーって爆問の田中さんそっくり。


24. 千年メダル/THE HIGH-LOWS


人は人をどれだけ愛せるか。この曲の歌詞の「例えば1000年、1000年じゃ足りないか、できるだけ長生きするから」こんなことを言えるのはヒロトだけだよ。この人は愛というものをどんなイメージで捉えてるんだろう。この頃の金髪もカッコいいね。



23. 言葉/吉田拓郎


「愛してる」そのたった一言なんだけど、その言葉の重みを考えさせられる拓郎節が光る名曲。初めて恋した時もなかなか愛してるって言えなかったもんだよ。それが今じゃすぐ好き好き言っちゃうもん。だから俺はダメなんだな。


22. ラブソング/サンボマスター


ビブラート?ミックスボイス?しゃらくせえわ!歌ってのは上手いだけが全てじゃねえんだよと思わせられる熱く泥臭いラブナンバー。好きという気持ちをただがむしゃらに歌ったサンボマスターらしい一曲。こういうのがいいんだよ。


21. OH MY LOVE/ZARD


とても優しくて暖かいラブソング。ZARDも沢山ラブソングがあるけど僕はこの曲が一番好き。坂井泉水さんってめちゃ美人だけどちょっとミステリアスな雰囲気もあって不思議な人って印象。そんな人にこんなラブソング歌われたら、惚れてまうやろー!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さぁさぁランキングもいよいよ佳境に差し掛かってまいりました!

ここまで読んでる人の中にはもう恋がしたくて仕方ない人もいるんじゃないの?

欲情したくて仕方ないんじゃないの?イヤんもうエッチ!!


人恋しい人も、ムラムラしてる人も付いてこいよぉ〜☆




20位から11位まで〜、 COUNTDOWN!!





20. LOVE SONG/CHAGE&ASKA



先日のチャゲアス解散報道があるまではいつかまた二人そろってステージに立つ日がくるんじゃないかと夢見てたんですが…いや残念でしたねぇ。最高のハーモニーで繰り出される純愛歌、後世に残したい名曲です。



19. 悲しみにさよなら/安全地帯



玉置浩二さんがまだイケイケでギラギラしてた頃ですな。艶があって澄み渡るような歌声に天才的な歌唱力。そして素晴らしい楽曲を数多く世に生み出したまさしく本物のアーティスト。たくさんの人がカバーしてるけどオリジナルが一番最高だね。


18. 光の中に/KOKIA


今回の記事を書くのにアレコレとラブソングを調べてるうちにYouTubeで偶然この曲を見つけたんですが一発で引き込まれたのと同時にまだまだ知らない名曲っていっぱいあるんだなと思いました。聞いてると脳のα波が出てくるような、まるでヒーリングミュージックのような癒しの曲。久々に音楽を聞いて衝撃を受けました。


17. 時の流れに身をまかせ/テレサ・テン



テレサ・テンさんの代表曲がランクイン。国境を越え時代を超え、未来永劫残していってほしい超名曲。色んな人にどんどんカバーして歌い繋いでいってほしい。

16. やさしいキスをして/DREAMS COME TRUE


ドリカムもラブソングが多くて選ぶのにかなり悩んだんですけど、この切ない歌詞に胸を打たれたのでランクイン。ラストにかけての「今日という一日が終わるときにそばにいられたら  明日なんていらない」←ここでグッとこないわけがないじゃないですか。


15. Don't Cry/Guns N'Roses



最初は静かに歌ってるんだけど後半でギターがグワーッと入ってくるところで体中に電流が流れた一曲。アクセルのボーカルも最高だけどそれ以上にスラッシュのギターが冴え渡るナンバー。

14. 歌うたいのバラッド/斉藤和義



子供の頃ポンキッキーズで斉藤和義さんを知り大人になってこの歌で涙することになるとはね。こういう言葉で例えていいかわからないけど神曲だねこれは。これ以上何も言えない。


13. Angel /Aerosmith


イントロのギターでガツーンとやられてサビで甘いハスキーボイスで歌われて僕はもうメロメロよ。前回日本でB'zと一緒にライブをやった時は歌われなかったんだよね。いつかまた日本に来てくれないかなぁ。この曲を生で聴けたら僕はもう思い残すことはなにもないよ。


12. たしかなこと/ウルフルズ


ウルフルズのラブソングって言ったらバンザイだろと言われそうですがバンザイを聞いたらその次に聞きたいのがこの曲なんです。この曲もウルフルズ らしくシンプルでストレートなラブソング。気づいたら何回も聴いちゃうんだよ。

11. 君が思い出になる前に/スピッツ


スピッツもいい曲が沢山あって悩みましたね。サビの「
君が思い出になる前に  もう一度笑ってみせて」って部分、普通抱きしめてとかキスしてとか入れてきそうだけど笑ってみせてってところにグッときました。聴けば聴くほど本当にいい歌だなぁ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

名曲揃いの20位から11位でした!



次はいよいよベストテン!!




10位から1位まで〜、COUNT DOWN!!!!




10. 夢みたあとで/GARNET CROW


名探偵コナンつながりで知ってる人も多いはず。ガネクロの一番のヒット曲。一昨年ごろに実らない恋をしてた時は一番リピートして聞いてましたねぇ。久々に恋がしてぇわ。


9. もうひとつの土曜日/浜田省吾


ハマショーが本当にカッコ良すぎてもう何もいうことがない。こんな男になりたい。こんな風に歌いたい。多分無理だけど。いつの日か。


8. DEAR…again/広瀬香美



昔付き合ってた人が歌ってくれた曲です。久々に聞いたけど、うん、やっぱ名曲。


7. あなただけを〜Summer Heartbreak/サザンオールスターズ

【※動画リンクが見つかりませんでした】

僕のサザンのラブソングの二大巨頭はずっと「涙のキッス」とこの曲でして、逡巡した結果あなただけをを選ばせていただきました。サザンはもう素晴らしいの一言に尽きるよ。一時休止期間はあったりしたけど勢いがずっと衰えないってありえない。桑田さんの手掛けるオリンピック応援ソング、心待ちにしてます。


6. このまま君だけを奪い去りたい/WANDS



DEENの曲だと思ってる人も多いんでしょうけど実は曲の作詞をしたのはWANDSの上杉昇さんなんですよ。WANDSのアルバムの中でセルフカバーしてるんですけど僕としてはこっちの方が歌い方なんかも断然好み。というか単に上杉さんのボーカルが好きなんだわ。



5. 君のため/THE BLUE HEARTS


僕ね、思うんです。チンポ出してもカッコいい人こそ本当にカッコいいって。説明はいらない。とにかくリンク先の映像を見てほしい。そこにあるのは最高にロックで美しいラブソングだから。


4. EverythingIt's you/Mr.Children


ミスチルも本当にいい曲ばかりで悩みましたね。その中でもこの一曲を推します。高校生になったばかりの頃かな、HEY3でミスチルの曲特集みたいなコーナーでこの曲が流れたのを見て「ミスチルってスゴイ…」って固まっちゃったのが始まりでしたね。BOLEROは名盤中の名盤。


3. ハナウタ〜遠い昔からの物語〜/エレファントカシマシ


なんていうのかな。なんて言えばいいかわからないけど理屈じゃないんだよ。とにかくいいんだよエレカシは。10代の頃はその良さに気づけなかったんだよねぇ、バカだなぁ。今はすごい心に染みるんだよ。



2. ずっと2人で…/GLAY


今のところ予定はないけど結婚式やるならこの曲をかけたいと、もう二十歳くらいの頃からずっと考えてるんですよね。僕の中でGLAY史上最高の曲。最高のラブバラード。



1. 愛しい人よGood Night…/B'z


僕の音楽との出会いはB'zでした。そこから色んな音楽を聴くようになりました。全ての始まりでありルーツなのです。特別な一曲です。

もし僕が死んだら葬式でこの曲をかけてください。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



ということで映えあるラブソングトップ50の頂点は、

B'z愛しい人よGoodNight…でした〜!!


ここだけの話、本当に選ぶのが難しかったんだよぉん☆


でも書いてるうちに色んな思い出がよみがえってきてとっても楽しかったよぉん☆


みんなもガンガン恋してラブソング聴いちゃってね〜〜〜!!!!バーーイバーーーーーーイ!!!☆☆☆☆












というわけでラブソングトップ50いかがだったでしょうか。



音楽は記憶のポストイット、聞けば甦る思い出の数々、皆さんにそれぞれのラブソングがあるかと思います。




この記事を読んで、自分の中の最高のラブソングを見つけていただけるきっかけになれたら嬉しいなと思います。



そして、もしよろしければ時間の空いたときにでもこっそり教えてほしいな、なーんて言ってみたりして。


おっと、そろそろお時間がきたようで…



ここまでのお相手はDJ速瀬でした。シーユーネクストターイム…!



























何がシーユーネクストタイム(笑)だよ、何言ってんだバカヤロウ。





あーそうそう、私事ですけど一昨日、30歳になりました。

なりましたって言い方はちょっと違うな。

30歳になってました。




ラブソングを夢中で聴いててすっかり忘れてました。テヘ☆

誕生日プレゼントは愛が欲しいなぁ。


ではまた☆


EG速瀬「さてこのシリーズもとうとう5話目まできたか」

高橋「内容はスッカスカだけどな」

EG速瀬「何か言ったか?」

高橋「いえ何も」

EG速瀬「5話も書いてるんだしそろそろ読者から何かしら反響があるはずだ。どれWeb拍手の管理画面を見てみるか・・」





・・・・・・・・・・。






EG速瀬「むっ・・・!?

高橋「どしたの」








EG速瀬「反響が・・ない・・だと・・!?」










高橋「・・・・」




高橋「でしょうね」





EG速瀬「でしょうね










じゃないだろこのバカチンがあああああああああああああああああ!!!!!」





「5話もやってて何で反響がないんだ!え!?
なぜだ!コメントなり拍手なりあるだろ!?NAZEDA!?Why Japanese people!?
ブルアアァァァァァァァァ!!!!!
きえエエエエエエエええええ!!!!!!!」















高橋「速瀬さん」


EG速瀬「あん!?」


高橋「打ち切り」


EG速瀬「」








EG速瀬「おしまい☆」






ご愛読ありがとうございました。EG速瀬先生の次回作にご期待ください。




EG速瀬「ツイッターを見ると今日は卒業式が多かったようだな」

高橋「あー、全国的にそうみたいですね」

EG速瀬「卒業式といえば、童貞卒業もののAVの話になるんだが」

高橋「は、はぁ・・」

EG速瀬「そのAV、内容は至って普通でズッコンバッコンでアハンウフンな内容なんだが、事後に女優が男へ卒業証書を渡すんだよ」

高橋「・・まぁ演出としては面白いけど、別にそんなもん貰ってもな」

EG速瀬「貴様は何もわかってない」

高橋「え?何が?どういうこと?」

EG速瀬「飲み会なんかで『〇〇って童貞?童貞っしょ?www』て聞いてくるクソヤリチンがたまにいるだろう?」

高橋「いるねそういう慢性発情野郎、ペニスを根こそぎちょん切ってアナルにねじ込んだ状態でキン肉バスターかましてやりたい」

EG速瀬「・・まぁ落ち着け。そもそもそう聞いてくるクソヤリチンに『童貞ちゃうわ!』と言い返したところでハナから聞く耳なんざ持っていない。ヤツらは人を童貞呼ばわりして優位に立ちたいバカタレ共なんだ。だがしかし!」

高橋「そうか!その童貞卒業証書があれば!」

EG速瀬「『この卒業証書が目に入らねーのか!この金タマ野郎オオォォ!』と大威張りで言い返せるわけだ!」

高橋「すごすぎるよ童貞卒業証書!」

EG速瀬「学校の卒業証書なんかより100倍ありがたみを感じるだろう」

高橋「うんうん!!・・・ん?ちょっと待てよ」

EG速瀬「どうした?」

高橋「その卒業証書が本物ってどうやって証明するの?」

EG速瀬「自分が出演したAVを卒業証書とセットで見せればいいだろう」

高橋「そこまですんのかよ!」

EG速瀬「そこまですれば何も言い返せないだろう、論より証拠だ」

高橋「速瀬さん、一ついいですか」

EG速瀬「何かね」

高橋「そこまでやると却って必死な感じがしてもっと恥ずかしい気が」

EG速瀬「お説ごもっとも」


高橋「さぁよくわからない話はこのへんにして卒業生の皆さんにメッセージでも送りましょうよ」

EG速瀬「めんどくさいなぁ」

高橋「えー卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。くれぐれもこんな捻じ曲がった大人にはならず真っ当な道を歩んでいってください」

EG速瀬「高校を卒業された女子高生の皆さん。おじさんは君たちが1日も早く性風俗の世界で活躍することを心待ちにしております」

高橋「何言ってんだアンタ」

EG速瀬「愛するJK達へ贈る言葉」

高橋「武田鉄矢と海援隊に謝れ」




つづく。


↑このページのトップヘ